きれいとは
選ばれた人だけのものであってはならない。
価格や知識、テクニックによって
美しさに差が出ることなく
キレイを願うすべての人に対し
ひらかれたものでなければならない。
好奇心とアイデア、遊び心とあくなき追求で
楽しさと実感をカタチにする。
それが、FLOWFUSHI。
退屈な常識に縛られることなく
私たちは、あらゆる壁を越えていく。

きれいを、ひらく。

FLOWFUSHIの
いままで、いま、これから。

はじまり。
FLOWFUSHI-フローフシの由来-

2011年2月。
化粧品づくりとはまったく無縁の、そして未経験の
たった2人からフローフシは、はじまりました。

私たちの社名フローフシは
まさに、あの「不老不死」に由来しています。

権力、富、名声のすべてを手にした人たちが
最後に願ったのが「不老不死」。
決して叶うことがないと言われる望みのために秘薬を求め
あらゆる手を尽くしたという逸話の中には、誰もがあきれて
笑ってしまうような話がたくさんあります。

でも私たちは、こう思うのです。
たとえ不可能だとすべての人に笑われたとしても
可能にしたいと本気で願い、できる限りのことを尽くす。
そのまっすぐなハートは素晴らしいと。

だから私たちも、「そんなの無理、無謀だよ」と
世界中から笑われようとも、求め喜んでくれる人がいる限り
いつかはできるはずだと信じてモノづくりをしていきたい。

「ほんと?」と思うことを、「ほんと!」にしたい。
フローフシという名前には
そんな私たちの強い思いが込められているのです。

9のproductで、きれいを、ひらいてきた。

FLOWFUSHIはこの7年間
コストよりもクオリティを優先することによって
まったく新しい価値をもった9つのプロダクトを生み出してきました。
そしてさらに、誰もが手にできる価格の実現をも忘れることなく
きれいを、ひらいてきました。

2011.02.14 MOTEMASCARA
マスカラに、まつ毛ケアという2つ目の新しいミッションを与えた

2012.06.14 MOTE涙袋 (~2012.12.31)
世界初の「涙袋メイク」という新鮮なメイクトレンドを生み出した

2013.06.18 MOTELINER
日本の伝統技術を守る6人の筆職人の技を活かし
簡単で美しいアイライン表現を誰もが手にできる価格で実現

2015.10.01 THE まつ毛美容液
「まぶたに塗るだけ」の革新アプローチで
まつ毛を土壌から改善する新カテゴリを創出

2016.03.14 エリアファンディ
「VVエリア×大和匠筆」という斬新なHOW TOとテクニックを
一体化することでファンデーションを再発明

2016.04.05 イオン デ クッション
世界的なクッションファンデトレンドの中
唯一の日本製を実現

2016.11.11 THE EYECREAM
保湿、美容効果に加え、スマホ時代の目もとトラブルのために
目もとの緊張緩和からはじめる新アプローチを考案

2017.07.07 LIP38℃ Lip Treatment
すっぴん唇の色温度を操る世界初トリートメントを開発。
リップケアに新カテゴリをひらいた

2017.11.15 SAISEI シートマスク
特殊プリントを部分的に施したシートマスクの発明により
全顔のケアとフォーカスケアを1枚で同時に実現


気づき。
まだ、きれいを、ひらけていない場所がある。

デビューから7年。振り返ってみると、フローフシには
まだ、出会う努力が足りない場所があることに気づきました。
海外で暮らす女性たち、そしてさまざまな理由から
きれいに対して後ろ向きになっている女性たち。
もっと世界のあちこちに出会いの場を広げ
すべての女性のきれいを、ひらいていきたいと思っています。


2018年。
FLOWFUSHIのテーマは、「FUN」。

喜び、楽しみ、おもしろみといった意味をもつ「FUN」。
その追求こそが、FLOWFUSHIの原点です。
今年は特に、この「FUN」を大切に、きれいをひらいていきます。

「世にない新しい価値」×「遊び心」=「FUN」

まだ誰も見たことのないものに出会ったときの
わくわく感やどきどき感。
これなら私を変えてくれるかもしれない。
そんな期待に満ちた瞬間が、きれいをひらくきっかけ。

だからFLOWFUSHIはいつも
「世にない新しい価値」の創造をめざしながら、その中に
「遊び心」というエッセンスを注ぎ込んでいます。

パッケージをひらくたび好奇心が湧くような
新鮮で自由なアイデアで、あなたを、みんなを驚かせたい。
きれいになることが最終ゴールであっても
試したり、迷ったりする瞬間さえも楽しんでほしい。
そう思うから、私たちは誰かの真似をすることは決してありません。

たった1つの化粧品が与える
小さな幸せの積み重ねが、世界を変えることもある。
私たちはまだまだ小さな会社ですが
そう信じればこそ、この先も大きなことを企んでいきます。

2018年のFLOWFUSHIは、あなたをもっと楽しませます。